タイのニードル脱毛サロンへ通った話

タイで流行りだったニードル脱毛

当時は、現在主流の光を使った方法はまだまだそれほどメジャーではなく、出掛けたサロンで行っていたのは、「ほぼ確実に脱毛が完了できる唯一の方法」と言われていた「ニードル脱毛」です。
「直径0.05〜0.15mmというとても細い針を毛穴のひとつひとつに差し込み、そこへ弱い電気を流して毛根を焼くのです」と、対応してくれたスタッフが丁寧に説明してくれました。
期間は毛の生えてくるサイクルにあわせて1ヶ月に1度程度の施術で約1年間で完了するのだとか。
料金は、タイの通貨で3万バーツ(日本円で約10万円)。
一瞬ちょっと高いかな、とも思いましたが、一生ムダ毛処理とおさらばしてつるつるのお肌で過ごせるなら、安いモノでしょう。
そして私はツルツルの脇を目指す挑戦を始めることにしたのです。
「施術前の1週間はムダ毛の処理をしないでくださいね」と、スタッフさん。
毛穴の場所を確実に把握して毛根を焼くためにある程度の長さが必要だというのです。
1年間の間、脇毛が伸びているのを見られないようにしなくてはいけないし、ちょっぴり恥ずかしいけれど、なかなか脇毛を伸ばすことはないのでそれもいい経験!?スタッフさんの言いつけを守って1週間ムダ毛処理をしないまま、第1回めの施術日がやってきました。

脱毛は大人ならやってて当然!? : タイで流行りだったニードル脱毛 : 痛くない脱毛が気軽に出来る時代 : サロンでブライダル脱毛を受けて綺麗な肌を手に入れました

脱毛 / 脱毛なら!